TDFC 卒団生の選手たちの活躍 ①

post thumnail default image

7/3(日)AMに、馬入ふれあい公園サッカー場にて、湘南ベルマーレ U-14 と、大豆戸FC U-14 の TRMでの対戦がありました!!

湘南ベルマーレには、20番の 大山 穂琉土 ( オオヤマ ホルト ) 選手が、右サイドバックで、38番の 志村 聖七 ( シムラ セナ ) 選手が、トップ下で先発出場し、大豆戸FCには、4番の 板橋 颯汰 ( イタバシ ソウタ ) 選手が、トップ下のポジションで先発出場を果たして、それぞれの選手が、それぞれの特徴や特性を発揮して良い判断・プレーを見せてくれていました!!

どの選手たちも、TDFC 出身の選手たちらしく、① 見て組み立てる技術・正しい個人戦術 ② 時間とスペースを作り出す技術・戦術・実力 ③ 質の高いフリーランニング を駆使しながら、状況を組み立てて、プレーコースからスペースの構築からプレーの選択肢増までを積極的に構成していき、試合の中での組み立てから展開、そして、仕掛けのあらゆる場面にかかわり、アシストを含めた決定的な場面の創出に大きな影響力を与えていました!!

質の高いフリーランニングからのアクションの起こし方 ・ その姿勢・体勢・身体の向き ・ 動き・プレーのリズム・テンポの生み出し方とその意図 ・ 質の高いフリーランニングが土台にある質の高い技術・戦術の選択、そして、実行・発揮へ 、どこを、どの場面を切り取っても意味・意図の感じられるサッカーインテリジェンスを感じさせてくれる場面が多数ありました!!

TDFC の他の卒団選手の皆さんや、現在の所属選手の皆さんにとって、大変に励みにしていただける見事な成長ぶりを見させていただきました!!

颯汰  穂琉土  聖七 をはじめ、卒団選手のみんなも、自信を持ってどんどんチャレンジしていってください!!  みんなは、もっともっと大きく成長していけます!!  みんなの地道な努力の継続を、心から応援させていただきます!!  みんな ガンバレ!!!