練習の取り組み

TDFAの理念

TDFAスクール生の育成・強化を両立させていく具体的な育成法
~暗記から思考へ 自律と自立から成長のサイクルへ~

暗記と思考

①適切な実践経験の中で、最適な状況判断力を磨くこと
②技術を発揮する適切なプレータイミングを計れるようになること
③どんな状況でも落ち着いて、冷静にプレーできるようになること

上記①②③を練習メニューに落とし込むことで、練習の中で「出来るプレー」を増やしていただきます。そして、練習で出来ているプレーを試合の中で試していただき、試合で通用する「実力」になっているかを確認させていただきます。

そのための試合を弊サッカースクールでは、提供させていただいております。

従いまして、以下の内容の落とし込んだ練習になっております。

暗記

状況を見る練習、プレーの幅を広げる練習、自力・地力を底上げする練習、プレーの選択肢を持つ練習、プレーの思考力・判断力を上げる練習、プレーの精度を身に着ける練習

思考

プレーの選択肢を増やす練習、プレーの強度・スピードを上げる練習、プレーの選択力・決断力を上げる練習、実力を身に着けて発揮する練習、プレーの精度を高める練習

自律と自立

①個人技術の習得
②成長サイクルの継続

「暗記と思考」の練習メニューを継続する中で必要な個人技術の明確化(TDFA自主練習メニューの取り組みと習得しておくべき個人技術の把握)を図り、本当に必要な技術の習得への取り組みから、「暗記と思考」の実力をさらに高めていき、必要な個人技術のレベルもより高めていきます。

この成長のサイクルの継続を進めて、【実力】を高めてまいります。